口座残高10000円

セミリタイアをしたい20代男のブログです。

資産の配分について

こんにちは、ジーナです。

 

以前の私はピーター・リンチやバフェットの本を読んて成長企業への集中投資をしていましたが、いざ資産が増えて少しまともなポートフォリオを組めるようになってくると集中投資が少し怖くなってきました。

 

私は、リーマンショックを経験したことがありません。

 

チャイナショックやトランプショックには立ち会うことができましたが、あの時は運よく株式の比率を下げていたので、あまり精神的な苦痛はありませんでした。

 

 

しかし、いまの株式市場は素人目から見て少し割高なような気がします。

 

稲妻のきらめくときに立ち会うため、株式市場から完全に撤退するということはしませんが、いままで投資してきたような成長企業へ集中投資したときに、自分の許容できる損失を超えてしまわないかが怖いのです。

 

かといって、私は投資歴2年ちょっとの素人なので自分の精神的許容量を正確に把握できていません。

 

なので、いつ株式の暴落が起きてもいいように、キャピタルゲイン狙いの資産の半分をインカムゲインに移すことにしました。

 

細かく言うと、そのうち半分は不動産、残りの半分は優待株へ移動させます。

 

優待株ならば、持っていることで妻も喜びますし、なにより含み益や含み損が出ているときよりも精神的苦痛がかなり楽です。

 

 

私の目的はアーリーリタイヤですが、その目的達成のため無理をして損失を出すよりも、すこし遅くても安心できる道のりで行きたいと思います。

【書評】最速でお金持ちになる絶対法則

著者は「毎月100万円キャッシュフロー俱楽部」の部長、紺野健太郎さんです。

 

この本は

「いかにCFを築くか」というところに主眼が置かれており、

そのために融資を利用した投資を推奨しています。

 

 

ただ、そのほかの本と著者は物件購入に対する融資の考えが少し違います。

 

一般的な不動産投資の本では、

物件を見つける

融資をつける

購入

 

という順番で不動産を購入しますが、この本では

まず、融資先を見つける

物件を見つける

購入

 

という手順を推奨しています。

 

しかし、ただ融資をつけてアパートを購入してセミリタイアだ!

というだけの本ではなく、自己資金は多めにあるが属性は低い人や、自己資金が少ないが属性は高い人、両方がないひとに向けたコースを示しており、

まだ自分が購入する不動産の方針が定まっていない時に参考となりました。

 

 

全体的に不動産の本を読み漁り、すでに自分の方向性が定まっている人にはいまさらな内容も多いかもしれませんが、

まだ1,2件目の物件をどうするか決まってない人には自分の目指す方向が見つかるかもしれない本でした。

 

【3198】SFPダイニング

SFPダイニングは、現在株価が1424円、予想EPSが83円で予想PERは約17倍、

BPSは690円でPBRが約2倍。

売上高は約370億円で経常利益は38億円。

配当性向は30パーセントで、配当利回りは1.8%

株主優待は100株保有で4000円分の自社食事券です。

 

業務内容については「磯丸水産」と「鳥良」の2つの飲食店が柱であり、

磯丸水産は155店舗、鳥良は45店舗を展開しています。

磯丸水産は売上高260億、鳥良は75億をしめており、実質的にこの2店舗の売り上げが会社の売り上げとなります。

その他の店に関しては12店舗で、全店合わせて1.7億円の売り上げです。

 

磯丸水産、鳥良ともに1店舗当たりの売り上げが1.65億円となっており、来期の新規出店が20店舗を見込んでいるため、34億円の売り上げ増が見込めます。

 

これは現在の売上高から10パーセントの成長であり、配当利回りの1.8%と足して約12%のリターンが見込めますが、現在のPERが約17であり、割安感はあまり感じません。

 

しかし、現在磯丸水産と鳥良の2本柱で売り上げが構成されているため、今後第3の柱が出来上がった場合は高い成長が見込めると思います。

 

 

 

投資の前に

私は、主に株式投資で資産形成をしています。

 

このところの軟調な動きで含み益はだいぶ減ってしまいましたが、あまり気にしていません。

 

もとより余剰資金で行っているからです。

 

 

株式、不動産、先物等を問わず、投資をする際には必ず余剰資金で行うことが必要だと思います。

 

有名な著名投資家は生活費までを投資につぎ込み莫大な資産を築いていますが、その煌びやかな経歴の陰には散っていった数多の投資家がいます。

 

逆張り、順張り問わずここぞというときに強く張り、裏目に出たときに長く市場に居続けられるように余剰資金での投資をこれからも心掛けていきたいです。

はじめまして

こんにちわ

 

東京都で会計の仕事をさせていただいているジーナと申します。

 

このブログは、一時期口座の残高が1万円にまでなった男が、経済的自由を求めて

不動産、株式等々の勉強をしていくブログです。

 

拙い文章ですが、精一杯書かせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。